『Qアノン情報は既存の陰謀論を塗り替えるか? ~トランプ vs 3大ファミリー』G:高島康司氏
1,315 views

http://youtu.be/jj8crWOev7o?t=85

の最後のほうで、システムなどの脅威になるとみなされ「えらい目」に合うという人は、技術関係者に多いと言っている。社会思想などの発信者は口先だけなどと、上祐の自称のごとき扱いという。

紹介事例に物足らなさを感じるが、2例としては水だけのエネルギー源を主張した人と、winnyの開発者だと言っている。 水エネルギーは既存の枠組みを超えるので詳細な説明や再現実験などが必要になり、よく理解できないが、winney自体は実用になり実用性は再現済みでなおかつ,winnyは技術の元自体はビットコインブロックチェーンの原理にもつながるという。

winnyはウイルスなどを仕込まれ、違法行為をほう助したなどという悪いイメージがそのころ事件として報道されていた。 初心、所信かそのようなものにウイルス混入、当該ビデオではwinnyの開発者は冤罪事件で収監され出所後すぐに死亡したといっている。

陰謀論の一つとして挙げられる、日航機の件やSTAPの件なども、研究者自体を攻撃するという意味でもすべて共通している。


6926.teacup.com

の投稿日:2018年 1月 5日(金)10時38分26秒 host65.n061-122-037-064.pri.iprevolution.ne.jp
の根こぎというものについて、そして悪性の伝播の傾向、それをあおる勢力、期待する勢力など存在がその件にかかると悪質な工作員に化けるなど厄介なものである。 

東ドイツの秘密警察のシュタージの手段で忌まわしい手段を生身の人間を使って行っていたというものの指摘があるが、半分は工作員的な言い回しである。まず東ドイツ政府は関係せずすでに形式上廃止された組織の行為であるといい、それらに利用されただけの出がらしもどきが今でもおかしなことを行っているのだという。実際問題で思考統制思考停止状況を達成後は意味をなくしたというわけである。

忌まわしくも過去の教訓というものでこれは周知のことであるが、その意味では現行の行為に対しての警告という意味でも小さくはない。

陰謀論的に、本当にこれらが図に乗る状況を解決するものではないが、そういう意味では弱い。官僚との関連性をほのめかしているところがあるが、そういう意味での優越性を示しているところが、ガラパゴスさが強くやりきれない。

官僚の忌まわしい優越心の根拠は、麻雀で現れるインチキに近い。秘密主義だが、ペテン師の「基礎教養」に近いものである。

根こぎに関する言説の引用終わり。

18年1月7日の池上の核兵器についての番組で、私自身知らないビデオや時系列データ、法令の枠組みなどを知りなるほどと関心もしたが、今年の平和賞の講演の詳細はオミットされている、せいぜい厄介さがあるというところぐらいか。 朝日系のリベラル識者も良い講演だの感動的などと言っているだけである。朝日の早野と、升なにがしという女の弁護士、ほかのウェブ上のビデオ。

ステップを踏まない。いきなり鳥瞰などという風情も、根扱ぎのステップであろう。こういうステップは外すことがない。
  以下の勢力への忖度は日本社会にへばりついているが、これらの輩も同様である。  

システムや体制の脅威の感覚のうち、日本に過度に特有に露出しているのは、学歴や国家総合職、国家一種、上級職などという試験や司法試験のような官吏幹部採用試験の絶対主義のもどきが背景に存在するだろうということである。 合格者のみならず、採用試験の申込から始まって合格者選考採用選考にまで批判を許さないものが存在している。  

内閣人事局への批判があるが、官僚採用は絶対という思考停止など心理誘導に基づく露骨なオミット論理だが、この手合いに共通して東大話法は誹謗中傷が直接的だが、この連中の特徴はは侮辱は特殊情報に基づく間接的中傷である。

いずれにしても根こぎ意図由来の有意義な発信の偏り発信の意味を気づかせないか、むしろ工作員を増長なり安っぽい動機ゆえの神経反応が起きるだけだ。 

悪性のナルシズムの正当化のために電通系メディアは極度に意識して作られている。が、彼らのみを批判しているのではない。

 


当事者が関係しているのではないかと追及なり事実確認しようにも、法的には厄介さが継続する。

悪性のナルシズムの正当化のため電通系メディアは極度に意識して作られている。が、彼らのみを批判しているのではない。

 

いろいろな方々の、この手の被害に遭遇したり被ったひとの意見は、ほとんど被害者からのパクリ行為以外は、創造性に満ちている。妄想の可能性もあるかもしれないが、いじれにしてもオリジナリティは高い。 なにせ,その件に関する”報道”は皆無で、精神に関する専門家の意見もゲシュタルト性において世間の悪乗りをほとんど排除するほどのものではない。 

 

いわゆる統合失調症と呼ばれるものと違い、鬱になったり自分でも自覚できる前兆が異なるという。 意図的な、しかも違法なことも含む行為が連続するという。これが集団ストーカーと統合失調とは見分ける違いだという。

 

精神科医は、この辺がわからない程度か、天狗になっているため理解しようとしないという。

気づきというものは、自然科学でも工学的なものでも重要だが、なにか土台を取り違え悦に浸ろうとする馬鹿をあおるのは、潜在的にインセンティブとして存在する。

昨今のエグゼキュティブはその辺に果断さがない。熟慮もいいが、任せる意図もあっていいが、あるかのように言い立てているものもあるが、確認にもコストがかかる。

今までの経験で、不条理なことが起きたりすることがある。少々文章が変だが、そのような体験はある人は一定割合でいるということを言っている、に過ぎない。

不条理の定義すら、状況説明できなければ、その体験者の主観と、他者に見なされる状況になるのは一般的もしくは平凡な流れだ。

しかし、どや顔やあくの強いあたかも、不条理行為者が正当であるという既成事実化の工作の一環という面もある工作もある。

その一般的平凡な価値判断は、安直で何者かに操作され続けた結果であるようで、あまり気持ちのいいものでもないように感じる人もいるだろうし、そのような感性はマイナーだが本質を見ていると思う。状況説明できないほど厄介なのか主張者が身勝手に過ぎるものかの見極めも必要になる。


しかし、黙っているが不条理理不尽が起きていることを軽視するつもりではない。

本稿の主題は、それ相応に主張しているにもかかわらず、やたらに、工作を弄し不条理行為に割を食った人に対し、沈黙を劇場型に強いる心理工作というものについての手段と心理的意図について考察してみたい。

第一に、利得というものを使ってくることは容易に想像がつく。 たまにマスメディアで詐欺の被害者の訴えを流すことがある。大体の視聴者読者としては、軽率、欲深、劣等感の塊、ギャンブル依存症などと合点してしまうのではないか。 

利害や心情的に近隣者がこのような状況に陥るとき、不快や悲痛に陥る人がこのような心理反応を持つ傾向は強いだろう。この項目についての補足として、人間は親近感を持つ対象に、いわゆる愛情を持つ。ところが、これが強いほど、「排他的な心性」が強くなるのだという。 京都大学稲盛財団が主催したシンポジウムで、カリフォルニア工科大の下條信輔教授が、八丈島の体験をもとにもしくは、八丈島の体験のみで発言されている。 カラスのような知能の高い動物の生殖期間における、過剰に感ずるほどの周囲への敵視というものでも共通する。

 

何も、カラスと人間であっても、共通するものはあっても不思議ではない。科学的な詳細は研究者が専ら探求してほしいというのが社会的要請でもあろう。

 

下條教授における引用のビデオリンクはこちら

【第1回京都こころ会議シンポジウム】⑨総合討論(中沢新一、河合俊雄、広井良典、下條信輔、山極壽一) - YouTube

 

核反応特に、核臨界とマインドコントロールの作用。

 


戦艦大和が昭和20年に爆発して沈没した。その写真は有名だ。その爆発のきのこ雲と福島原発3号機の爆発と似ているという主張がある。

戦艦の場合、弾薬庫に延焼して備蓄の弾薬に引火したというものがよく言われるものだが、これが、実は核爆発だったのだという。とはいえ、核物質の濃度と中性子の速度を低くする減速物質がそろえば、核臨界が起きることは不幸にも東海村でのJCOという事業所で核燃料のウランバケツの作業の手違いにより起きたとされていることで実証された。

 説明ではその事故は、通常より数倍高い濃度でウランの処理作業をし、臨界が起きたとなっている。

この事故では、噴煙はなかったが、臨界は起きた。 エネルギー放射として、放射線だけでなく熱の放射もあったはずだが、熱の関係の報道など覚えがないわ。 どなたか、調べてください。 核反応については、マインドコントロールのようになっている。簡単に実験、検証実験ができないし、実験内容すら詳細のデータ提示がない。 議論が成立していないので、カルト状態=批判すなわち欠席裁判や魔物手段でつけ狙われるとかさ。


もどって東海村の燃料工場での事故:1990年後半99年だったか。 常磐線も運休したそうだ。 
11年の福島原発事故の直後東大病院か東大医学部、研究科ウェブで、その時の作業関係者だったのだろうか、その時の身体状況の変化を示す写真が掲載されていた。 遺族はどう感じただろうか。

集団ストーカー と専門家およびメディアの露骨な誘導

集団ストーカーについて熱く語れ の2chには興味深い書き込みがある。

この犯罪はメディアでは取り上げられないが、外国ではメディアでも取り上げられているという。

非視覚的媒体を用いる犯罪などという言い回しが紹介されているが、よい造語といえるだろう。

この加害勢力への考察などがある。この加害勢力の心理的脆弱さを訴えるものがある。

 また、分裂症などといわれる状況に至らない職種が、富裕層、権力者、財界企業の経営者、政治家、官僚などとある。

この連中は、被害者になれば、世俗権力などを使わない場合、どのような対処や耐えるなどの能力があるのか興味深い。

 統合失調もしくは分裂症の背景をよく示している。 物質的な意味合いを認識の根拠とする偏狭な姿勢の場合、人間社会において、圧力の手段としては非常に異様に有効なのであろう。

 

Beautiful Mind の題になった、主人公は、経済学者、数学者であったナッシュである。 ナッシュ均衡というものが有名だ。

 数学の難問の中に、リーマン予想というものがある。

コンピュータで相当程度の計算がなされ、工学的には是とされ続けている。

 リーマン予想は、女王というあだ名が付与されている。

 

腐った女もしくはそのような気質を持つもの、手段、および社会背景が、権力作用を持つ関係性の、異常さを暗にほのめかしている。 

腐った女とされるのは、いつ何時どこで、それまでの流れをひっくり返す(がごとき)反応を示すからであろう。

 

集団ストーカーはorganised harrassment であるとか、gang stalkingなどといわれているという。

 弁護士会や医師の方向も、この種の犯罪には隠蔽的な方向に働くことが多いという。 医師の基礎学問になるのは医学、弁護士の場合法学ということであろうか。  16年9月に、大学ランキングが話題になっているが、個別の大学だとかいうものではなく、日本の学問分野の評価としての解釈をした場合

医学と法学または社会科学といわれる分野においての評価はよくない。

学会などコミュニティの性質がどのようなものかということを示唆している。

増す語臣などと茶化されているが、ここによく頻出するのは、ショックドクトリン的心理的働きかけの有効度の意味合いでは、弁護士と医師であり、経済学者と称する大学や公的機関の専門家が優位に置かれる優遇して出演などという状況が多いのであろう。

 

野球選手の清原氏であるとか、芸人であった高知東急氏などの覚せい剤騒ぎは、中毒者のみを対象にするが、売人や背後に関係する報道がないのだという指摘には、考えさせるものがある。  精神医学や弁護士など法律運用と、マスコミなどの思い上がりが存在することは当然のように勘ぐれる。

集団ストーカー と専門家およびメディアの露骨な誘導

集団ストーカーについて熱く語れ の2chには興味深い書き込みがある。

この犯罪はメディアでは取り上げられないが、外国ではメディアでも取り上げられているという。

非視覚的媒体を用いる犯罪などという言い回しが紹介されているが、よい造語といえるだろう。

この加害勢力への考察などがある。この加害勢力の心理的脆弱さを訴えるものがある。

 また、分裂症などといわれる状況に至らない職種が、富裕層、権力者、財界企業の経営者、政治家、官僚などとある。

この連中は、被害者になれば、世俗権力などを使わない場合、どのような対処や耐えるなどの能力があるのか興味深い。

 統合失調もしくは分裂症の背景をよく示している。 物質的な意味合いを認識の根拠とする偏狭な姿勢の場合、人間社会において、圧力の手段としては非常に異様に有効なのであろう。

 

Beautiful Mind の題になった、主人公は、経済学者、数学者であったナッシュである。 ナッシュ均衡というものが有名だ。

 数学の難問の中に、リーマン予想というものがある。

コンピュータで相当程度の計算がなされ、工学的には是とされ続けている。

 リーマン予想は、女王というあだ名が付与されている。

 

腐った女もしくはそのような気質を持つもの、手段、および社会背景が、権力作用を持つ関係性の、異常さを暗にほのめかしている。 

腐った女とされるのは、いつ何時どこで、それまでの流れをひっくり返す(がごとき)反応を示すからであろう。

 

集団ストーカーはorganised harrassment であるとか、gang stalkingなどといわれているという。

 弁護士会や医師の方向も、この種の犯罪には隠蔽的な方向に働くことが多いという。 医師の基礎学問になるのは医学、弁護士の場合法学ということであろうか。  16年9月に、大学ランキングが話題になっているが、個別の大学だとかいうものではなく、日本の学問分野の評価としての解釈をした場合

医学と法学または社会科学といわれる分野においての評価はよくない。

学会などコミュニティの性質がどのようなものかということを示唆している。

増す語臣などと茶化されているが、ここによく頻出するのは、ショックドクトリン的心理的働きかけの有効度の意味合いでは、弁護士と医師であり、経済学者と称する大学や公的機関の専門家が優位に置かれる優遇して出演などという状況が多いのであろう。    

集団ストーカー と専門家およびメディアの露骨な誘導

集団ストーカーについて熱く語れ の2chには興味深い書き込みがある。

この犯罪はメディアでは取り上げられないが、外国ではメディアでも取り上げられているという。

非視覚的媒体を用いる犯罪などという言い回しが紹介されているが、よい造語といえるだろう。

この加害勢力への考察などがある。この加害勢力の心理的脆弱さを訴えるものがある。

 また、分裂症などといわれる状況に至らない職種が、富裕層、権力者、財界企業の経営者、政治家、官僚などとある。

この連中は、被害者になれば、世俗権力などを使わない場合、どのような対処や耐えるなどの能力があるのか興味深い。

 統合失調もしくは分裂症の背景をよく示している。

Beautiful Mind の題になった、主人公は、経済学者、数学者であったナッシュである。 ナッシュ均衡というものが有名だ。

 数学の難問などというものの中に、リーマン予想というものがある。

コンピュータで相当程度の計算がなされ、工学的には是とされ続けている。

 リーマン予想は、女王などというあだ名が付与されている。

 

腐った女もしくはそのような気質を持つもの、手段、および社会背景が、権力作用を持つ関係性の、異常さを暗にほのめかしている。

 

集団ストーカーはorganised harrassment であるとか、gang stalkingなどといわれているという。

 弁護士会や医師の方向も、この種の犯罪には隠蔽的な方向に働くことが多いという。 医師の基礎学問になるのは医学、弁護士の場合法学ということであろうか。  16年9月に、大学ランキングが話題になっているが、個別の大学だとかいうものではなく、日本の学問分野の評価としての解釈をした場合

医学と法学または社会科学といわれる分野においての評価はよくない。

学会などコミュニティの性質がどのようなものかということを示唆している。増す語臣などと茶化されているが、ここによく頻出するのは、ショックドクトリン的に言えば、弁護士と医師であり、経済学者と称する大学や公的機関の専門家であろう。    

集団ストーカー と専門家およびメディアの露骨な誘導

集団ストーカーについて熱く語れ の2chは興味深い書き込みがある。

この犯罪はメディアでは取り上げられないが、外国ではメディアでも取り上げられているという。

非視覚的媒体を用いる犯罪などという言い回しが紹介されているが、よい造語といえるだろう。

この加害勢力への考察などがある。この加害勢力の心理的脆弱さを訴えるものがある。

 また、分裂症などといわれる状況に至らない職種が、富裕層、権力者、財界企業の経営者、政治家、官僚などとある。

この連中は、被害者になれば、世俗権力などを使わない場合、どのような対処や耐えるなどの能力があるのか興味深い。

集団ストーカーはorganised harrassment であるとか、gang stalkingなどといわれているという。

 弁護士会や医師の方向も、この種の犯罪には隠蔽的な方向に働くことが多いという。 医師の基礎学問になるのは医学、弁護士の場合法学ということであろうか。  16年9月に、大学ランキングが話題になっているが、個別の大学だとかいうものではなく、日本の学問分野の評価としての解釈をした場合

医学と法学または社会科学といわれる分野においての評価はよくない。

学会などコミュニティの性質がどのようなものかということを示唆している。増す語臣などと茶化されているが、ここによく頻出するのは、ショックドクトリン的に言えば、弁護士と医師であり、経済学者と称する大学や公的機関の専門家であろう。