読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集団ストーカー と専門家およびメディアの露骨な誘導

集団ストーカーについて熱く語れ の2chは興味深い書き込みがある。

この犯罪はメディアでは取り上げられないが、外国ではメディアでも取り上げられているという。

非視覚的媒体を用いる犯罪などという言い回しが紹介されているが、よい造語といえるだろう。

この加害勢力への考察などがある。この加害勢力の心理的脆弱さを訴えるものがある。

 また、分裂症などといわれる状況に至らない職種が、富裕層、権力者、財界企業の経営者、政治家、官僚などとある。

この連中は、被害者になれば、世俗権力などを使わない場合、どのような対処や耐えるなどの能力があるのか興味深い。

集団ストーカーはorganised harrassment であるとか、gang stalkingなどといわれているという。

 弁護士会や医師の方向も、この種の犯罪には印の英的な方向に働くことが多いという。 医師の基礎学問になるのは医学、弁護士の場合法学ということであろうか。  16年9月に、大学ランキングが話題になっているが、個別の大学だとかいうものではなく、日本の学問分野の評価としての解釈をした場合

医学と法学または社会科学といわれる分野においての評価はよくない。

学会などコミュニティの性質がどのようなものかということを示唆している。増す語臣などと茶化されているが、ここによく頻出するのは、ショックドクトリン的に言えば、弁護士と医師であり、経済学者と称する大学や公的機関の専門家であろう。